FNC コロンビアコーヒー生産者連合会 - Federación Nacional de Cafeteros de Colombia
Follow Us:

News & Topics

HOME >
  • News&Topics
  • コーヒー業者様向け
  • Cup of Excellence
  • カップ・オブ・エクセレンス 2015 最終選考
  • カップ・オブ・エクセレンス 2015 最終選考

    2015.03.16 / Cup of Excellence 

    HOLA〜❗

    先日ご紹介した 『カップ・オブ・エクセレンス』 (Cup of Excellence Colombia 2015の国内の予備選考で59の最優秀賞候補が選出されました。

     

    最終選考の審査は今月13日、25人の国際審査委員によってトリマで行われ、423日にはインターネット上でオークション形式で販売されます。

    最終選考前日、59名のファイナリストたちは興奮の色を隠せない様子でした。

     

    世界中から集まった海外審査員たち

        

    最終選にはオーストラリア、カナダ、中国、日本など海外各国から審査員が招集されました。

    この大会はコロンビアコーヒーの差別化戦略と付加価値商品の確立化を目指すFNCコーヒー生産者連合会とThe Alliance for Coffee Excellenceの主催により毎年コロンビアで開催されています。今回は予選に参加した343ロットのうち第一選考で121ロットが85ポイント以上を獲得、第二選考へと進出しました。第二選考には59ロットが通過し、ファイナリストとして最終選に挑みました。

    トリマ県イバゲより参加しているカルロス・フリオ・ペニャロサさんは標高2000mに位置する自身の農園『エル・ナランハル』のコーヒー1ロットのみで参加しています。

     

    エル・ナランハル農園にてトリマ県イバゲ

                                          

    カルロスさんは21歳よりコーヒーの生産に携わるようになりました。現在は家族経営の農園を営んでいます。本大会への参加は三度目。

    「最終選の表彰式にはぜひ、息子と妻と三人で行きたいですね。」と意気込みを語ります。

    『エル・ナランハル農園』のコーヒーの特徴は柑橘系の風味です。カルロスさんは家族が結束して丹精を込めて大切に育てたコーヒーについて「標高の高さもいい効果があると思います。収穫、精製、乾燥、選別まで最高の出来です。」とコメントしています。「“質の高さ“にはこだわりがあります。私たちにとって、質の良いコーヒーを生産することは質の良い生活につながります。質の良い生活にはもちろん息子たちの教育も含まれます。私たちの将来にとっては非常に大切なことですよ。」

     カルロス・フリオ・ペニャロサさん

     

    『カップ・オブ・エクセレンス』で高得点を獲得し、最優秀として選ばれたコーヒーは、その後インターネット上で高値がつけられ、結果として生産者に高い利益をもたらします。前回の勝者、カルメン・モントーヤさんのコーヒーにはポンドあたりUS$45,70という、過去最高の価値がつきました。

    もちろん本大会の一番の目的はコーヒーが高値で売買されることではなく、“コロンビアコーヒー”というブランドの認知向上です。つまり、FNCコーヒー生産者連合会による付加価値戦略のひとつとして、バリスタをはじめコーヒー業界にコーヒーの原産地呼称(D.O.)やコロンビア国内の異なる気候によって作り出されるコーヒーの多様さ、奥深さを知ってもらうことです。

    コロンビアコーヒーの原産地呼称やそのマーケティング戦略については注目が高まっており、コロンビアのスペシャルティコーヒーや生産地に関する情報に興味をもつ世界のコーヒー専門家3,800名が集うバーチャルコミュニティも登場しています。

    それでは、Hasta luego✋


    Share This Post:

    アーカイブ

    FNCのメールマガジンに、ぜひご登録ください

    コロンビア最新情報や、プレゼントが当たるキャンペーン情報などをお届けします

    © Colombian Coffee Growers Federation all rights reserved. プライバシーポリシーメルマガ登録・退会