FNC コロンビアコーヒー生産者連合会 - Federación Nacional de Cafeteros de Colombia
Follow Us:

コーヒーの産地、アンティオキア(Antioquia)

アンティオキアのコーヒー生産の伝統は、180年前に遡ります。
その地形がもたらす特筆すべき生物多様性は、甘い風味と絶妙なまろやかさのコーヒーを生み出します。


アンティオキアは、アンデス山脈の中部から西部の斜面に位置しており、澄んだ水、適度な斜面、谷を特徴とする生態系、そして高品質の分化したコーヒーの生産で知られています。

 

アンティオキアの人々は企業家精神と革新的なビジョンを持っており、それはアンティオキアにおけるコーヒー文化の発展に表れています。


アンティオキア基本情報

主な収穫時期:9月-10月
標高:海抜1,200 – 1,800 m
平均気温:摂氏22度
年間降水量:2,600 ミリ/年
コーヒー生産者:87,252人
コーヒー作地面積:115,372ヘクタール

カッププロファイル(味の特徴)

– アロマ:はっきりしている、ホワイトチョコレートの香り
– フレイグランス:強い、バニラの風味
– ボディ:ミディアム、マイルド
– 酸味:強い、柑橘系
– 全体の印象:クリーンカップ、はっきりした甘さ、フルーティで柑橘系の香り


目覚ましい発展を遂げるアンティオキアの県都、メデジン

アンティオキアの県都メデジンは人口、経済の規模において、コロンビアで2番目に大きな都市です。

7月10日から12日の間、、コーヒー生産国がコーヒー業界の主要な面々を集めて行う初のイベント『ワールド・コーヒー生産者フォーラム』が開催されます。コロンビアはその第一回目のホスト国として選ばれ、その会場はメデジンです。

フォーラムにはアフリカ、中南米、アジアの生産者国約40カ国、またコーヒー産業の新興国であるアメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパ、アジア諸国から、およそ500名の参加が見込まれています。
さらにコーヒー関連のNGOや財団、教育関係者をはじめ多国間機関、認証機関、公共団体、銀行など、様々な方面からも参加者が集まります。
フォーラム外のイベントとしてアンティオキア県のコーヒー生産地域を見学するツアーも企画されています。



MEET THE GROWERS

アンティオキアのコーヒー生産者をご紹介します。


2014年 カップ・オブ・エクセレンス受賞農園
カルメン・モントーヤさん

2014 Cup of Excellence Colombia Winning Farm
Carmen Cecilia Montoya Patiño
ベジャビスタ農園(Farm Bellavista)

市町村:アンティオキア県 ウラオ(Urrao, Antioquia
海抜:1,800m
農園サイズ:4ヘクタール
育てている品種:カトゥーラ
精製システム:水洗式、天日干し

カルメンさんにとって、クオリティとは?

コーヒー栽培におけるプロセスの細かな作業の一つ一つに至るまでの全てに込められる丹念さ。これによりカルメンさんとご家族はコーヒーを育てる際に細かなところに厳しく目を配り、全てのステップを最良の方法で行い、生産性が高く品質に優れた作物ができるようにしています。

カルメンさんのコーヒーの特別なところは?

花のような香り、甘さ、ハーブのような香り、バニラとパイナップル、そしてスイカの香りをほのかに併せ持つクリーンカップ。
彼女の、強くてバランスが良く、エレガントでフルボディのコーヒーは、飲んだ後10分経っても口に広がる豊かで長続きする後味を持っています。

カルメンさんはこんな人!

2014年にカップ・オブ・エクセレンスを受賞。彼女の特徴の一つに、仕事に注ぐ情熱と、人生においてすること全てに愛情を込めることが挙げられます。

カルメンさんの”スーパーパワー”はどこから?

向上心を持ち続けること。カルメンさんは仕事に全身全力を注ぎます。そして彼女のコーヒーをより良くする為に常に努力しているのです。


※このページに掲載の写真はすべてFNCに帰属しており、無断で使用出来ませんのでご注意下さい。


Share This Post:

FNCのメールマガジンに、ぜひご登録ください

コロンビア最新情報や、プレゼントが当たるキャンペーン情報などをお届けします

© Colombian Coffee Growers Federation Tokyo Office All rights reserved. プライバシーポリシーメルマガ登録・退会