FNC コロンビアコーヒー生産者連合会 - Federación Nacional de Cafeteros de Colombia
Follow Us:

コーヒーの国、コロンビア

美味しいコーヒーを育むために
理想的な地形と気候、そして人。

コロンビアは、太平洋とカリブ海に面する美しい国。豊かな自然と天然資源に恵まれています。

コロンビアを南北に縦断するアンデス山脈の麓につづく緑豊かな丘陵地帯は、
美味しいコーヒーづくりに欠かせない条件をクリアした稀少な土地です。
さらにコロンビアでは地域によって雨季/乾期が異なるため、一年を通じて新鮮なコーヒーの豆が収穫できます。

朝と夜の温度差が大きい、
山岳地帯の面積が広い

高地では気温が低いため、コーヒーの実はゆっくりと育ちます。日中と夜間の気温差が大きく変化するため、この気温差のストレスが糖分の生成を促します。生豆に含まれる糖分の一部はローストされる間に酸味となり、香り成分となります。糖分はコーヒーの酸味のもととなると同時に甘みも強くします。

栄養価が高く水はけのよい
火山灰性の土壌

標高の高いところの土壌は、火山灰を多く含みます。火山灰は植物にとって根を伸ばしやすく、また保湿力に優れているので乾季でも植物に十分な栄養を与え続けることが出来ます。また火山灰は硫黄を多く含んでおり、この硫黄は実を形成する段階でコーヒーの香りのもととなります。

日照量の管理技術と、
年間2000ミリ前後の降雨量

アンデス山脈で良質なコーヒーを育てるには年間1,600-1,800時間の日照量が適切とされており、各地域の気候や土壌の特徴をふまえてシェード(遮光)栽培などを行っています。 さらにコーヒーの栽培には、一定の時期にまとまった雨、その後に乾期が交互で訪れる気候条件が必要ですが、これも満たす稀少な土地です。

個性溢れる3つのコーヒー生産地域

南北に広がり、標高の差が大きいコロンビアでは、年間を通してコーヒーの収穫が可能です。日本の約3倍の面積があり、各地でコーヒーの味わいの特徴や、暮らしている人の衣装や顔立ちも違います。

北部地方

マグダレナ、カサナレ、サンタンデール、ノルテ・デ・サンタンデール
このエリアのコーヒーは、低めの標高と高めの気温の土地で栽培されます。コーヒーはより長く日光にあたるため、高低差で段階分けされた日陰で守ります。

味の特徴:柔らかな酸味、中〜高ボディ、ナッツのようなコクと、チョコレートのような香り


中部地方

カルダス、キンディオ、リサラルダ、ノルテ・デ・ヴァジェ、アンティオキア、クンディナマルカ、ノルテ・デ・トリマ
雨季と乾季が散在して起こる気候により、年間を通じて新鮮なコーヒーの収穫が可能です。第1 期のメイン収穫は9月から12 月に、ミタカと呼ばれる第2期は4 月から6 月に行われます。

味の特徴:フルーティでハーブのようなバランスの良い香り


南部地方

ナリーニョ、カウカ、ウイラ、スール・デ・トリマ
赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。

味の特徴:高酸味、ミディアムボディに柑橘系で甘い香りのまろやかな味


コロンビアコーヒー生産の豆知識

コーヒーの生産はコロンビアの国を支えていると言っても過言ではありません。
そしてその産業と農家の人々を守るべく、FNC(コロンビアコーヒー生産者連合会)が存在するのです。

国の経済の大きな柱

コロンビアにおいて、コーヒー産業は農業関連GDPの17%を、そして農業分野の就労の33%(約80万7千人)を占めます。

生活と密着

56万世帯以上のコーヒー生産者と約300万人の人々が、直接もしくは間接的に日々の収入をコーヒー産業から得ています。

豊かな生産力

年間の平均生産量は1200万袋(1袋=60kg)です。

ほとんどの地域で生産

コロンビアコーヒーは、全国32県のうち20県に渡る588の地域で生産されています。

FNCのメールマガジンに、ぜひご登録ください

コロンビア最新情報や、プレゼントが当たるキャンペーン情報などをお届けします

© Colombian Coffee Growers Federation Tokyo Office All rights reserved. プライバシーポリシーメルマガ登録・退会